スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ましろシュリッセルの感想

一迅社文庫の「ましろシュリッセル」の感想です。

著者は、すたじお緑茶のシナリオライター(外注)の「氷雨こうじ」さん
イラストは、「桐野霞」さん
ネタばれは、一迅社文庫編集部のブログに出てる事だけにします。

さて、ましろシュリッセルの大まかな内容は、
ごく平凡な高校生の「竜胆(りんどう)ましろ」が異世界からやってきた人語を解する猫「シュバルツ=バルト三世(クロ)」と共に、異世界からやってきた魔法を操る侵略者「マネイジャー」から世界を守るために魔法少女になって戦う物語です。
ただし、世界を守るために戦うようになったのは、クロにある事を言われてからでした。
そう、
「戦ってくれたら、その貧相な胸をボンッ、キュッ、ボンッ!にしてやるぞ」
と、言われてから。
平和を守り、憧れのDカップを手にするために戦う竜胆ましろと世界の命運はいかに?!


読み終わってからの感想ですが、すごく続きが気になります!
やっぱり、氷雨こうじさんの文章は面白いです。
さすがに、私が一番尊敬しているシナリオライターだけあってワクワクが止まりません。
ましろシュリッセルのイメージは、すたじお緑茶さんから発売している「マジカライド」に近い感じです。(あとがきにも書いてありますが)
あちらが気に入っている人には、割とすんなり受け入れられると思います。
ゲームと小説という違いはありますが、文章を巧みに使っていて、とても読みやすい作品になってます。
正直、すごく面白いです。
良い作品に巡り合えて良かったです!
スポンサーサイト
2010-07-19(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

応援中
夏の終わりのニルヴァーナ
ひまなつ応援中
【向日葵の教会と長い夏休み】応援中!
応援中
Justy×Nasty応援中
Justy×Nasty 応援バナー
おすすめ
ゆずソフト最新作ドラクリオット!
祝桜応援中!
すたじお緑茶『祝福の鐘の音は、桜色の風と共に』応援中!
伝説の魔道書
『FUTSUNO FANTASY -フツウノファンタジー-』|EX-ONE
頭なでたい!
ねこ☆こい!応援バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。