スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

勉強になった

今日は、「たけしのIQ200」を見てました。
サンデル教授の出てたやつ。
ハードディスクレコーダーにも録りました。

「八百長問題」から始まり、「公約破り」、「許されるウソ」、「5人と1人のどちらの命を助けるか?」等の哲学です。

サンデル教授以外にも良いことを言ってる人もいましたが、サンデル教授の話が一番興味を惹かれたので、
そのことを書きます。
ただし、長くなりそうなので、「5人と1人のどちらの命を助けるか?」についてです。

初めに1つの質問が出ます。
あなたは電車の運転手です。
ものすごいスピードで走っていると前方に5人の作業者を見つけましたが、ブレーキが利きません。
このままだと5人を轢いてしまいますが、横の線路にハンドルを切れば1人の作業者で済みます。
判断はあなた次第です。

こんな感じの問題が出てきて、議論をしていきます。
先日、これと同じスレを見つけていたので、説明不足を補うためにリンクを貼ります。

クリックでリンク先へ

ここのスレを見ていたので、この番組を見ました。
コメントも多かったので、いろいろ考えさせられました。
スレでも散々つっこまれてましたが、問題に穴があり過ぎるとも思いました。
「ブレーキは壊れているが、警笛で知らせる事ができるのではないか?」
「電車がハンドルで曲がるのか?」
「減速なしで曲がったら脱線するのではないか?」など。

私なりの考えとしては、
「可能な限り手を尽くして、被害の少ない方法を考える」というところでしょうか。

一応、自分なりにつっこまれない様な問題も考えました。
問題は続きを読むの後に有ります。
想像してください。
あなたは戦闘機のパイロットです。
あなたの戦闘機は自動操縦で、目標にほぼ確実に自動で命中するミサイルを1発積んでいます。
あなたができるのは、発射スイッチを「押す」か「押さない」か選ぶことだけです。
ある日、満席状態の大型旅客機がハイジャックされました。
この大型旅客機は、犯人以外全員捕まっていて、自力で動けません。
この大型旅客機に乗っている人物が事件を解決する可能性はありません。
犯人は、大型旅客機を大都市の市内に墜落させようとしています。
これを回避するには、海の上で撃墜するしかありません。
あなたは、スイッチを押しますか?押しませんか?

元の問題とは少し状況が変わりますが、つっこまれる可能性を極力排除してみました。
とある事件を考えれば、リアリティもあると思います。
まぁ、中の人は助からないと思うので、撃墜の人も多いと思います。
ですが、それでも撃墜を選ばない人のために、状況を悪化させてみます。

想像してください。
大都市に向かっていたはずの大型旅客機が、原子力発電所に進路を変えました。
原子力発電所のそばに民家はありませんが、ウランが多く広島型原爆と同じぐらいの被害が予想されます。
あなたはスイッチを押しますか?押しませんか?

究極の2卓問題ですね。
乗客の人権を守るのか、これから起こる被害を防ぐために犠牲にするのか。
また、一つ目の問題で押さなかった人は二つ目で押すのか。
哲学は本当に深いものですね。
それと、サンデル教授の人心掌握術はすごいなー思いました。
あと、あれだけのしゃべり方のできる政治家がいれば、ここまで支持率が下がることもないだろうとも思いました。
スポンサーサイト
2011-02-21(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

応援中
夏の終わりのニルヴァーナ
ひまなつ応援中
【向日葵の教会と長い夏休み】応援中!
応援中
Justy×Nasty応援中
Justy×Nasty 応援バナー
おすすめ
ゆずソフト最新作ドラクリオット!
祝桜応援中!
すたじお緑茶『祝福の鐘の音は、桜色の風と共に』応援中!
伝説の魔道書
『FUTSUNO FANTASY -フツウノファンタジー-』|EX-ONE
頭なでたい!
ねこ☆こい!応援バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。